節約

未分類

医療機関のかかりかたで節約

医療費を最小限にする5つのポイント

医療機関に行くのは公共交通機関を使いましょう。
電車

タクシーを使ってしまいますと高くなってしまいますのでなるべく公共の交通機関を利用する事で得をします。

毎年健康診断を受ける事で病気を早期に発見でき、結果的に交通費を安く抑えられます。

支払はクレジットカードにする事でそのポイント還元分節約する事ができます。

禁煙をする事も重要です。1日20本を吸っていると年間で10万円以上かかるばかりか病気にもかかりやすくなるからです。

そしてかかるつけ医者を持つ事が重要でいきなり大きな病院に行って受診すると初診料が5000円以上かかってしまう事もザラにあるためです。

ハシゴ受診は大きなデメリット!!

ハシゴ受診
ハシゴ受診は慎重に行ったほうがいいでしょう。

最初に行った医者でその時の診断が信用できないものだったり、お医者さん自体が信用できなければ別のところに行きたくなる時もありますが、これが結構受診料がかかってしまうのです。

何故ならば2件目に行ったところでも初診料が必要になってしまいますし、検査を一からやり直すのであればその検査代も2倍かかってしまう事になります。

そのため重要な事は信頼できるかかりつけ医を見つける事で、さらにそのお医者さんと信頼関係を築く事が大切です。

そうする事によってハシゴ受診する必要がなくなり、結果的に金銭的な負担が少なくなるのです。そこで受診しきれないと判断すれば紹介状をもらって大手の病院に行けばいいのです。

子供の医療費は安い!は間違い?!

子供の医療費というと今は少子化傾向という事もあり自治体も力を入れていて安く受診ができる傾向にありますが必ずしもそうとも言えません。

子供
まず自治体によって医療費補填の差がありますので予め各自治体に問い合わせておいた方が後でこんなはずじゃなかったというトラブルを避けられますので無難です。

医療費補填が十分ではなく、しかもわが子の体が弱いという場合は医療保険に入るのも手ですが、その際は大きな病気にかかった時に力を発揮する代わりに小さな病気や怪我などでは結果的に医療費は高くついてしまう事もあって微妙ですが保険なので致し方ありません。

医療費助成の地域差については議論になっている部分もありますので今後改善されている事が見込まれるのも含んでおくべきでしょう。

関連記事

  1. 不妊治療

    未分類

    不妊治療は総合病院へ

    不妊治療を総合病院で行うメリット幅広い分野・視野から治療を行ってく…

  2. 美容外科

    未分類

    美容外科診療のある総合病院

    美容外科診療がある総合病院~東京~美容外科な診療を希望する方は今と…

  3. 出産費用

    未分類

    出産費用!総合病院VS個人病院

    総合病院と個人病院の料金比較出産のときに総合病院と個人病院…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 節約

    未分類

    医療機関のかかりかたで節約
  2. 不妊治療

    未分類

    不妊治療は総合病院へ
  3. 美容外科

    未分類

    美容外科診療のある総合病院
  4. 出産費用

    未分類

    出産費用!総合病院VS個人病院
PAGE TOP