出産費用

未分類

出産費用!総合病院VS個人病院

総合病院と個人病院の料金比較

比較

出産のときに総合病院と個人病院のどちらを選ぶのか悩めるところで、それぞれメリットとデメリットが存在しています。

また費用面についても違いがあり、総合病院の場合は平均値が35~40万円、個人病院は40~100万円と幅が広いのが特徴です。

帝王切開・個室希望・時間が出産・無痛分娩などは追加費用がかかります。

健康保険に加入していれば出産育児一時金の制度が利用できて子供1人につき42万円が支給されるので、自己負担額は減るはずです。

総合病院での妊婦検診や出産メリット・デメリット

総合病院で妊婦検診や出産をする時のメリットは、費用を安く抑えたい、赤ちゃんや妊婦さんに異常があった時には速やかに対応できるところが大きいです。

高齢出産などリスクの可能性が高い場合は、すぐに対応できるので安心ですし、いろいろな先生に診てもらえるので、違和感などに気付きやすくなります。

専門医療が揃っているのが特徴になり、問題が起こった時にはすぐに対処してもらうので、リスクを減らすことが可能です。

デメリットは混雑していて待ち時間が長く、大部屋が多くリラックスできない、見舞いに関しては規則が厳しく時間外で対応してもらえません。
面会
大部屋で周囲を気遣ってストレスが溜まってしまう人もいますので、自分の性格を考えて選ぶことが必要です。

個人病院での妊婦検診や出産メリット・デメリット

個人病院での妊婦検診や出産におけるメリットは、検診の時は予約時間ぴったりで受けることができて、個人に合わせて丁寧なケアやサービスを行ってくれるところです。

個室が一般的なので周囲を気にせずリラックスして過ごせますし、見舞いに関しても融通が利くので夜間でも可能になる場合があります。
個室

同じ先生と密に相談できる環境なので、信頼関係を築きやすいです。

デメリットについては費用面が高額になってしまうことで、細やかな出産計画を行えばそれだけ費用がかかってしまいます。

また胎児や妊婦に問題が見つかった、トラブルが起こった時に個人病院では対応できなく、専門医が揃っている総合病院に転院しなければいけない場合があります。

関連記事

  1. 美容外科

    未分類

    美容外科診療のある総合病院

    美容外科診療がある総合病院~東京~美容外科な診療を希望する方は今と…

  2. 不妊治療

    未分類

    不妊治療は総合病院へ

    不妊治療を総合病院で行うメリット幅広い分野・視野から治療を行ってく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 不妊治療

    未分類

    不妊治療は総合病院へ
  2. 出産費用

    未分類

    出産費用!総合病院VS個人病院
  3. 美容外科

    未分類

    美容外科診療のある総合病院
PAGE TOP