総合病院と町医者の使い分け

総合病院の現状

現代では、複数の診療科目を持つ総合病院に多くの患者が殺到している状態が続いています。

些細な切り傷や風邪などの軽い疾患でも大病院を訪れる人も多いため、医師や看護師、受付スタッフの負担が非常に大きくなっているのです。

夜間の救急病棟も人手が足りない状況で、大きな問題を抱えているといえます。
患者

総合病院は、より専門的かつ高度な医療を提供するための役割を果たす必要があるのです。そのために、今後は患者の意識の改革も求められます。

かかりつけの医者を探す

患者一人一人が心から納得できる医療サービスを受けるためには、自分の体質や既往歴などをしっかりと把握してくれるかかりつけ医を見つけることが肝心です。

これまでの症状やなりやすい病気などを分かってさまざまなアドバイスを与える専門の医師は、心から信頼できるパートナーとして頼りになる存在といえます。

そのため、普段から体調に関する相談を気軽にできる地域に密着した専門医を探しておくといざという時にも安心です。

過去の検査データなどを確認しながら、最適の助言やサポートを行っている非常に心強いスペシャリストといえます。
検査
このように、担当スタッフが固定している町の医療機関を選ぶことによって、強い信頼関係と安心感を実感できます。

ベストな治療への近道

いつまでも健康的な体を保つために、幅広い年齢層の人々が病院に通っています。

病院選びの際には、自分の体のことを一番に理解してくれる地元の医師にまずは相談してみることが何よりも大切です。

医師
必要な検査や問診などを受けた後に今後の治療方針や投薬などについて十分な説明を受けることができます。

その上で、総合病院を受診するかどうか自由に患者が決めることができるのです。

セカンドオピニオンなどを上手に取り入れながら自分に最適の病院を慎重に選ぶことで、納得できる医療を受けることに結びついているといえます。

よりハイレベルで質の高い治療を望んでいる患者の間でも、圧倒的な信頼を寄せられているのです。わかりやすく丁寧に答えてくれる存在です。

PAGE TOP